“筋肉の塊”アダマ・トラオレのプレースタイルについて【※ラガーマンではありません】

サッカー soccer
soccer

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adama Traore Diarra(@adamatrd37)がシェアした投稿


こんにちは、loveZlogオーナーです。

今回はイングランド・プレミアリーグのウルヴァーハンプトン・ワンダラーズFC(ウルブス)に所属している、

スペイン代表アタッカー、アダマ・トラオレのプレースタイルについて詳しく解説していきます。

ポジション

アダマ・トラオレのポジションはフォワード(FW)です。

FWの中でも主に3トップの右ウイングを主戦場としています。

アダマ・トラオレの特徴

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adama Traore Diarra(@adamatrd37)がシェアした投稿

アダマ・トラオレの特徴は、なんといっても”筋肉”です。

屈強な選手たちがひしめくプレミアリーグにおいても、一際目を引く体格をしています。

この 筋肉を活かしたプレー=アダマ・トラオレのプレースタイル といえます。

プレースタイル

アダマ・トラオレのプレースタイルを一言で表すと、“快速ドリブラー” です。

ドリブルで敵陣を引き裂くようなプレーを最も得意としています。

このプレースタイルは、下記の2つの長所によって可能となっています。

  1. 筋肉(パワー&スピード)
  2. 足元の技術

です。

筋肉(パワー&スピード)

アダマ・トラオレには、見た目通りの圧倒的なパワーがあります。

相手選手の激しい当たりやタックルも全くものともせずドリブルやボールキープを行います。

また、サッカー界最速の選手の一人といわれるほどの俊足でもあります。

一瞬でトップスピードに到達できる加速力もあわせ持っており、スピードだけで相手選手を置き去りにすることも可能です。

足元の技術

アダマ・トラオレはスペインの名門バルセロナの下部組織出身ということもあり、足元の技術もかなりの高さです。

バルサ仕込みのテクニックによって、細かなボールコントロールや、柔らかなボールタッチを得意としています。

筋肉とテクニックの融合

上述したフィジカルとテクニックの高さにより、速くて正確なドリブルを可能としています。

また、ドリブル中に顔が上がっていることが多く、相手選手や周りの状況を把握できます。

そのため1対1の局面では、一瞬の判断で相手選手の逆を突き、多少(かなり)強引にでもドリブル突破することができます。

その他にも、サイドを縦に突破してからのクロスの精度も高く、アシスト数も少なくありません。

アダマ・トラオレの弱点

アダマ・トラオレの弱点は、シュートの精度です。

パワーがあるためシュート力は強いのですが、精度や決定力といった面ではまだまだ改善の余地があります。

まとめ

アダマ・トラオレのプレースタイルについて解説してきましたが、

とにかく強くて、速くて、巧い選手です。

最近スペイン代表デビューもして、順調にキャリアを歩んでいます

課題のシュート精度を向上させ、得点数も増えてくれば、歴史に残るような偉大な選手になるはずです。

これからもアダマ・トラオレのプレーは必見です。

今回は以上です。
最後まで読おみいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました