【キャリモおすすめチーム紹介シリーズ②】FIFA21キャリアモードでおすすめチーム【イタリア&ドイツ&スペイン編】

FIFA21 FIFA21
FIFA21

FIFA21キャリアモードでおすすめのチームを紹介します。

今回はイタリア&ドイツ&スペイン編です。

まだ前回のイングランド編をご覧になってない方はこちらも参考にしてみてください。

【キャリモおすすめチーム紹介シリーズ①】FIFA21キャリアモードでおすすめチーム【イングランド編】
FIFA21キャリアモードでおすすめのチームを紹介します。 この記事でおすすめしたい全てのチームを紹介する予定でしたが、あまりに多くなってしまったのでシリーズ化させて頂きます。 最初に キャリアモードで使いたいチー...

イタリアのおすすめチーム

イタリア近年ユベントスの1強時代が続いていました。

しかし今シーズンはインテル・ミランのミラノ勢が復調し、リーグ全体の競争力が上がってきた印象です。

より面白さが増したイタリアのおすすめチームを紹介していきます。

インテル

FIFA21キャリアモード インテルFIFA21 インテル

最初に紹介するチームは今季スクデットを獲得したインテルです。

インテル最大の魅力はやはりルカクとラウタロ・マルティネスのツートップです。

特に今シーズン絶好調のルカクは、圧倒的なパワーがありゲームで使うのがとても楽しい選手です。

その他にもポテンシャルが高いハキミやバレッラ、バストーニなどもいます。

また、ビダルやエリクセン、サンチェスといったビッグネームも在籍しており、バランスのとれたチームでもあります。

若手を育てながらも有名ベテラン選手も使っていきたいという方にはおすすめです。

ACミラン

FIFA21キャリアモード ミランFIFA21 ミラン

“神”が率いるミランもおすすめチームです。

FIFA21では、インテルやユーベなどの上位チームと比べると少しチーム力が劣りますが、若い選手が多く伸びしろがあるチームです。

やはりチームの中心はズラタンです。

スピードはないですが、最前線で攻撃の起点となり、高い決定力でチームを引っ張ってくれるでしょう。

ただネックなのが、ズラタンは十中八九1年で引退してしまいます。

ズラタンの花道を飾るという意味でも、1年目でのタイトル獲得を目指しましょう。

そしてズラタンが残してくれた財産(経験値やチーム成績=予算)をもとに名門を復活させ、新たなサイクルを築き上げましょう。

ボローニャ

FIFA21キャリアモード ボローニャFIFA21 ボローニャ

我らが富安も在籍しているボローニャもここで紹介します。

ボローニャはかつては中田英寿選手も在籍していたりと、何かと日本と縁があるので入れてしまいました(笑)。

とは言え本当におすすめできるチームでもあります。

なぜなら、富安を筆頭に多くの若手選手がスタメンに名を連ねており、育てがいのあるチームだからです。

富安はもちろん、バロウ、スバンベリ、スハウヘン等々、、、

日本ではまだまだ知名度は低い選手たちですが、皆ポテンシャル80以上ある若手選手です。

また、下位チームには共通して言えることですが、ビッグクラブとは違い予算は決して多くありません。

そのため、必然的に価格の安い若手選手でチームを構成する必要がでてきます。

言い換えると、チームを育てながらキャリアを進めることになるので、強豪チームのマネジメントに飽きてしまった人には最適です。

富安を中心に数年プランでスクデットをとれるようなチームを作っていきましょう。

ドイツのおすすめチーム

イタリア以上に圧倒的な1強の構図が強いのがドイツブンデスリーガ(1部リーグ)です。

最強バイエルンをいかにして超えていくのかということが、どこのチームでも最大の焦点になると思います。

そんなドイツのおすすめチームを紹介します。

ボルシア・ドルトムント

FIFA21キャリアモード ドルトムントFIFA21 ドルトムント

やはりバイエルンの対抗馬筆頭といえばドルトムントです。

ドルトムント最大の魅力は世界屈指のポテンシャルを持った若手選手たちです。

ハーランド、サンチョ、ベリンガムなど、OVRもポテンシャルも最強クラスの選手が多くいます。

キャリアを始めたころはバイエルンの方が戦力的に優位ですが、現状のメンバーを維持できれば数年で立場が変わると思います。

また現実のドルトムントは有望な若手を確保しては育てて、世界の強豪クラブに高値で売るというビジネスモデルを確立しています。

ゲームの世界でもそれに倣って、ある程度マンネリ化を感じてきたら、現状の選手たちを売却して、また新たな有望株を獲得するといった縛りプレイをするのも面白いかもしれません。

ライプツィヒ

FIFA21キャリアモード ライプツィヒFIFA21 ライプツィヒ

近年目覚ましい躍進を遂げているのがライプツィヒです。

ライプツィヒもここで紹介している他クラブ同様、若手有望株が多数いて平均年齢も若いチームなのでおすすめです。

ドルトムント以上に若手獲得ということを徹底しており、ブンデスリーガで最も平均年齢が若いチームです。

現実世界ではドルトムントを抑えてバイエルンにつぐ2位でシーズンを終えました。

現状でも十分強いチームですが、ポテンシャルが85以上ある選手も多く、キャリアをすすめるとどんどん強くなるチームです。

ただ、ドルトムント同様、現実では有望な若手選手が高額な移籍金でビッグクラブに引き抜かれています。

昨夏はヴェルナーをチェルシーに売却しました。(個人的には、今シーズンもヴェルナーがいれば優勝もできたと思っています)

そして今夏は守備の要であるウパメカノとコナテの退団がすでに確定しています。

今後も主力級選手の流出が続くかもしれません。

そのため今のスカッドでプレーできるのはFIFA21までとなるのでここでおすすめさせていただきました。

今のチームを維持し、補強ポイントを的確に押さえれば、初年度からリーグ制覇も十分可能だと思います。

また、ライプツィヒは同じレッドブルグループが運営しているザルツブルクから選手を多く獲得しています。

その流れをゲームでも引き継いで、補強戦略を考えるのもありだと思います。

バイヤー・レバークーゼン

FIFA21キャリアモード レバークーゼンFIFA21 レバークーゼン

ドイツで最後に紹介したいチームがレバークーゼンです。

海外サッカーに詳しい方はご存知かと思いますが、このチームも伸びしろがすごいです。

ドイツの未来を担う超逸材ヴィルツや最強センターバックになることが約束されているタプソバなどがいます。

その他にもセンターバックにはパワーのあるター、中盤には攻守のバランスが良いアランギスやデミルバイ、サイドには快速のディアビやベイリーといった個の力に優れている選手が揃っています。

CLやEL常連のクラブになってきていますがまだまだビッグクラブとまでは認識されていません。

それでもチームバランスがよくヨーロッパ最強クラブになるポテンシャルがあるチームだと思うので、是非興味のある方は使ってほしいです。

スペインのおすすめチーム

スペインといえばサッカー界の二大巨頭バルセロナとレアル・マドリーです。

更に近年シメオネ監督のもとで飛躍的な進化を遂げているアトレティコ・マドリーなどもいます。

今回のチーム紹介ではあえてこれらのチーム以外から選びました。

アスレティック・ビルバオ

FIFA21キャリアモード ビルバオFIFA21 ビルバオ

スペインのおすすめチームでこのチームを紹介しないわけにはいきません。

なぜなら、このチームはバスク人選手としか契約しない”純血主義”を貫いているからです。

分かりやすくいうと、現実世界で縛りプレイをしているようなものです(笑)。

それでもビルバオがすごいのは、ラ・リーガを8度も優勝しており、バルセロナやレアル・マドリーと並んで1度も降格したことがないという記録も持っています。

これはもうキャリアモードでも継承していくしかありません。

ただバスク人のみの縛りというのは難しい上にバスク人かどうかわからないので、国籍がスペインの選手縛りですすめていくといいと思います。

スペイン人のみのチームで、リーガ優勝、ヨーロッパの頂点を目指しましょう。

レアル・ソシエダ

FIFA21キャリアモード レアル・ソシエダFIFA21 レアル・ソシエダ

実はいい選手が揃っているのがレアル・ソシエダです。

チームの中心は元スペイン代表のダビド・シルバです。

ダビド・シルバはもう大ベテランになりましたが、スキルの高さは健在です。

さらにオヤルザバルやイサクといった伸び盛りの若手選手もおり、ベテランと若手のバランスが良いチームです。

チームの基盤はいいので、弱点の箇所を少しずつ補強していけば数年以内にリーガ優勝を目指せると思います。

じっくりキャリアモードを楽しみたい方におすすめのチームです。

ヘタフェ

FIFA21キャリアモード ヘタフェFIFA21 ヘタフェ

久保建英がレンタル移籍していたヘタフェもおすすめします。

ヘタフェといえば、現実世界では久保やアレニャといった選手をレンタルし、パスサッカーを目指しましたが、最終的にロングボールを放り込むサッカーでなんとか1部残留しました。

現実世界ではうまくいきませんでしたが、FIFAの世界ではパスサッカーでも成功できるかもしれません。

なぜなら意外と選手の能力は高いからです。

総合値80前後の選手が揃っており、ポテンシャルも高い選手が多いです。

また、半年レンタルだった久保とアレニャもFIFAの世界では1年を通しているので、じっくりチームを作り込むことができます。

ボルダラス監督がやりたかったサッカーを、我々が見たかったサッカーを実現させましょう。

チーム選びに迷ったら

今回は3つのリーグからおすすめチームを紹介しました。

今回紹介したチームに共通しているのは、”伸びしろが大きい”ということです。

育ててなんぼのキャリアモードです。

ポテンシャルが高く、育てがいのあるチームを選びました。

もしチーム選びに迷っているなら、選手の年齢や能力から伸びしろがあるかどうかとういうポイントに着目して選んでみるといいと思います。

選手個人の成長に関して、ポテンシャル以上に成長させる方法は以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

FIFA21キャリアモードでポテンシャル以上に成長させる方法【久保建英も90越えします】
FIFA21キャリアモードで選手をポテンシャル以上に成長させる方法を詳しく解説します。キャリアモード最大の魅力は選手を育てることだと思います。この記事を読むと選手の能力を最大限引き出す方法が分かります。選手を育てて最強のチームを作りましょう。

 

また、現実世界のプレーを見て、気になるチームを見つけるのも面白いと思います。

筆者もサッカー観戦をしていると、そのチームを使ってFIFAがやりたくなる時があります。

普段あまり見ないリーグやチームの試合を見ると、急にそのチームでキャリアモードがやりたくなることがあるのでおすすめです。

DAZN

今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

素敵なキャリアモードライフをお楽しみください。

タイトルとURLをコピーしました